BLOG WML店長ブログ

導電性アルミテープ

2018年03月05日(月)


 実車でも採用されている「アルミテープチューン」。ミニッツでもじわじわと貼ってる車が増えています。

 かく言うWML店長もミニッツカップファイナルに出場した車両にペタペタやっておりました。



 確実な効果や優位性があるかと言えば正直そうではないかもしれませんが、プラシーボ効果でも「効く」って思えれば「無し」では無いでしょう。

 ま、遊び方なんで「どうかな~?」っと楽しんで試せる方は是非どうぞ~っ‼^o^)/

 ちなみに、接着面のノリに導電性が無いので100均とか台所用のアルミテープでは効果は期待出来ないそうですよ。

【カーボン化】MM2モーターケースのフリクションダンパープレート【お手軽】

2018年02月26日(月)


R33GT-Rが一番人気のナローツーリングクラス(旧JSCCクラス)御用達の「MM2モーターケース」。

ノーマルはプラ製のフリクションがついています。そのままでも充分走るのですが、剛性やフリクションの抵抗を調整したい場合、ルックスもやっぱりカーボンプレートがカッコイイですよねッ!


WML会員Wさんがお手軽にパーツのポン替えでカーボンプレート化されていました。



ポストに対する穴位置も後ろ気味ですがクリアランスは取れている感じ。

このオプションパーツを使用されていました。走りも良かったですよ~っ‼

R246-1354RMロールダンパー/オイルダンパー

【早くも】ミニッツMA‐030VE?【登場⁉】

2018年01月24日(水)

やっぱりスバルWRXstiはちゃんとAWDじゃないとね~っ‼

っと、WML会員Oさんが早くもやっちゃいました~っ‼ミニッツFWDのAWD&ブラシレスモーター化。

しかもR/Cユニットケースは3Dプリンターによるワンオフ製作品。



 センターシャフトは真鍮棒から切り出したそうです。

 走りの方も中々でしたよっ‼電池平置きによる安定感はいままでのAWDとは比べられないくらい高かったです。いつになるかはわかりませんがメーカー正規品の発売が楽しみですね~^o^)/

レーシングラジアルタイヤには右と左があります。

2018年01月10日(水)

レーシングラジアルタイヤあるある~^o^)/


 パターンがあるんで右と左があります。内側の側面ウォールに刻印があるので刻印の場所さえ把握していれば判別は尽きます。


 ただ、袋詰めに軽めの罠があるんです。(笑)

 箱から出します。

 ポロっと2個出てくるのが・・・

 「R」(右)が2個・・・

 そして

 透明の袋に「L」(左)が2個。

 そうです!黄色の袋から出してポロっと出てきた2個を何の迷いも無く付けてはダメなんですっ‼(しかも透明の袋の2個を「このまま仕舞いやすいやん?」とストックしちゃ~ダメ‼)

 以上、たいがいのベテランも過去1度はやらかしているレーシングラジアルタイヤあるあるでした~‼

【MM2】ちっちゃい矢印【ハイトスペーサー】

2017年11月23日(木)


JSCCクラスではほぼワンメイク状態のMM2モーターマウント。

MM2シャーシの説明書の32ページ読んだことありますかっ!?

アクセルシャフトの軸受部分に関するページなんですが、ベアリングを受けるハイトスペーサー、前後があるんですねっ!?

って、先日、お客様に教えて頂き正誤を確認しました。(ちなみにWML店長のMM2は2台とも前後間違えていました・・・orz)

説明書にはハイトスペーサーは「くぼみ」が前と書いてありますが、実際には超ちっちゃい矢印マークがあります。

矢印が前向きです。ギヤのバックラッシュにも影響が出てきますのでハイトスペーサーの前後はお間違えなく~っ!!(笑)

なおミニッツユーザーはお年頃の方が多いので、肉眼では見えないと思います。スマホの拡大鏡アプリをお使いする事をお勧め致します。(笑)

もっと見たい方はこちらをクリック!!